OVT 日仏ワーキングホリデー事務局OVT 日仏ワーキングホリデー事務局

このサイトは、VT(フランスのワーキングホリデー)メーカー及びこの制度に興味を持っている方へ、いち早く現地からの情報を発信するために作られました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在仏日本大使館VT担当者とのミーティング内容報告

去る2月22日、OVT代表者と在仏日本大使館のVT担当者との間で、ミーティングが行われました。OVT側からは、VT第1期生の現状、活動例、問題点などを報告、大使館側からは、仏外務省及び仏労働省との協議結果が報告されました。
現在寄せられている疑問についても、一部回答が得られましたので、ご参照下さい。
ミーティング内容の概略は以下の通りです。

1.2000年度日本人向けVTビザの発給数及び競争率

 発給総数261枚。競争率は約5.8倍。
 審査基準は明らかにされていないが、申請書記入の出発日程を基に、VTビザ取得者のフランス入国が一年を通して均等になるように選抜。
 フランス語能力に関しては審査なし。
 渡仏後の就労予定は、飲食店・ホテル、ワイン等食品製造、芸術、建築・デザイン、観光、服飾等。
 2001年1月末現在、労働許可証発給数は91枚。

2.2000年度フランス人向けVTビザの発給数

 発給総数221枚。定員割れ。
 語学教師を志望する者がほとんどだが、渡航後の需要数等、実態は不明。

3.VT制度改善のための課題

 1)フランス人渡航者増のための方策。
 2)日本人渡航者受け入れに関する諸手続きの問題(銀行口座開設手続き、住宅賃貸手続き等)。
 3)VT制度本来の趣旨の追求(現地の人々との交流等)

4.日本人VTビザ取得者のフランスでの権利と義務

 1)滞在許可証について VTビザとは、観光ビザの延長でしかない。
  観光ビザとの違いは、1年間休暇として滞在できること、その休暇を継続するための労働が許可されていること。
  従って、VTビザをもって滞在を許可するが、滞在許可証の申請は不可。
 2)社会的権利について 住宅補助・失業保険の適用、仏国家試験の受験、運転免許証の新規取得など、申請書類として「滞在許可証」を必要とするものに関しては、原則的に、VTビザ取得者にはこの権利はない。
 3)労働許可について VTビザ取得者が雇用先を見つけた場合、職務内容に関わらず、直ちに労働許可証が発行される。
  ただし、この許可証は一時的なものであって、VTビザの有効期限以外での労働は許可されない。つまり、ビザ期限終了後の延長は不可。また、正規の労働許可を要求される活動に関しては、この権利はない。
 4)社会保険について VTビザ取得者が就労した場合、仏労働法に基づいて、雇用保険等の社会保険料を支払う義務がある。

ミーティング概要は以上です。
その他、VTビザに関するご質問や疑問がございましたら、OVTまでお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト

テーマ:ワーキングホリデー - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ovt.blog49.fc2.com/tb.php/62-63380ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

台湾ワーホリ・留学サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。