OVT 日仏ワーキングホリデー事務局OVT 日仏ワーキングホリデー事務局

このサイトは、VT(フランスのワーキングホリデー)メーカー及びこの制度に興味を持っている方へ、いち早く現地からの情報を発信するために作られました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FAQ】BRUTとNETとは何ですか?


給料の合計支給額(Salaire brut)と給料の手取り額(Salaire net)のことです。
合計支給額(brut)から社会保障費負担金が差し引かれ、実際に手にするのは、それらの負担金が差し引かれた手取り額(net)ということになります。

給与交渉の際には、そのことを頭に入れ、手取り額で話を進めましょう。

給与支払いの際には、雇用主から給与明細(Bulletin de Paie)が発行されます。
この給与明細には、まず合計支給額が明記され、そこから引かれるあらゆる負担金が記載されています。
フランスでは社会保障が充実していますが、言い換えれば、そのために支払う負担金もそれだけ高いわけです。

会社が契約時に提示した給与額から約20%を引いたものを手取りと考えて良いと思います。
ある企業の給料明細を例にとってみると、ベースとなる賃金、残業手当て、その他各種手当ての合計額から、健康保険0.85%、年金6.55%、失業保険3.01%等、合計約18.5%の社会保障費負担金が天引きされます。

また、雇用主は給料の2倍近くの金額を支払っています。
従業員の支払う負担金以外に、研修費、家族手当て費等を含め全体で給料の約45%を支払うわけです。

この金額を見ると、賃金値上げ交渉はとても難しいように思われますが、フランスは労働者の強い国です。
自分の能力に見合った給料をもらえるよう、納得がいくまで交渉に臨みましょう。

VTビザで就労した場合でも負担金を支払いますが、VTビザ所持者は滞在許可証を持たないため、失業しても失業保険は支給されません。
ただし、VTビザ終了後、他の種類のビザでフランスに滞在した場合は、VT期間中に支払った負担金を利用して失業保険が受けられることもあります。

スポンサーサイト

FC2Ad

台湾ワーホリ・留学サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。